アメリカン・スナイパー

近年の戦争映画の中では最高傑作と言える「アメリカン・スナイパー」をご紹介します。

実在したアメリカ海兵隊の『伝説』こと、クリス・カイルの著書「ネイビー・シールズ最強の狙撃手」を基にしたノンフィクションです。監督はクリント・イーストウッド、主演はブラッドリー・クーパー。戦争映画が好きであれば、監督がイーストウッドというだけでワクワクしてきますよね。

americansniper

    出展:wikipeia
    『アメリカン・スナイパー』(原題: American Sniper)は、アメリカ合衆国で製作され2014年に公開された伝記映画である。原作はイラク戦争に4度従軍したクリス・カイルが著した自伝『ネイビー・シールズ最強の狙撃手(英語版)』(原題: American Sniper: The Autobiography of the Most Lethal Sniper in U.S. Military History)で、脚色はジェイソン・ホール(英語版)が行った。監督はクリント・イーストウッドで、ブラッドリー・クーパーが主演を務める。イーストウッド監督作品としては初めてのIMAXおよびドルビーアトモス対応作品となる。2015年1月までに北米興行成績で2億1700万ドルを記録し、『プライベート・ライアン』の2億1650万ドルを超えてアメリカで公開された戦争映画史上最高の興行収入額となった。2015年2月には3億ドルを突破した。

アメリカン・スナイパーの批評

戦争映画で、しかも近年のイラク戦争をテーマにしているため、賛否両論でいろんな批評があると思います。ウサマ・ビンラディンやザルカーウィなど、日本人でも聞いたことがあるテロリストも出てきます。

迫力ある戦闘シーンはもちろんのこと、PTSDを発症して本来とは違う人格になってしまうといった、戦争による日常生活の崩壊も描かれており、戦争というものを具体的にイメージできる点で評価できる作品ではないでしょうか。

もちろん、主人公のクリス・カイルも実在した人物で、イラク武装勢力からは「ラマーディーの悪魔(シャイターン・アル・ラマーディー)」という異名で恐れられ、アメリカ側では「伝説の狙撃手」と呼ばれています。映画の中でも名前では呼ばれず、「おい、伝説」といった形で仲間から呼ばれるシーンが多数出てきます。

最後に宿敵のムスタファを狙撃するシーンは、なんと2,100フィート(1,920メートル)離れた場所から一発で命中させます。常人技ではありません。約2kmも離れた場所にいる人間が見えるのかも怪しいのに、狙撃するとは…ただ、彼の伝記では.338というスナイパーライフルで1,920mの狙撃を成功させたと記述があるそうです。

ブラッドリー・クーパーがクリス・カイルになりきっている

この映画を観終わった後、伝説の狙撃手のことが気になり、早速”クリス・カイル”とGoogle検索してみました。そして出てきた画像を見て、「あれ、本人?」と思ったしまったほど、ブラッドリー・クーパー演じるクリス・カイルと、本物のクリス・カイルが瓜二つでした。

honninbradly

同一人物と言われても納得しちゃうでしょ、これ。

筋肉質のでかい体や、髭、骨格、そして顔も似ている気がします。作中にも登場する奥さんのタヤ・カイルも、クリス・カイル本人かと思うほどだったと話していたそうです。この役を与えられたブラッドリー・クーパーは、なんでも毎日6,000kcalもの食事を取って、ハードなトレーニングを繰り返していたとか。

本人になりきる役者魂、さすがです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ